コンテンツにスキップする

クレディ・スイス:1-3月期純利益は18.6億スイス・フランに拡大

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グ ループが5日発表した第1四半期(1-3月)決算は、資産管理事業や投資銀行 業務の好調で大幅増益となった。同行は同時に、2004年の業績について明るい 見通しを示した。

同行の発表資料によると、純利益は18億6000万スイス・フラン(約1595 億円)と、前年同期の2億7900万スイス・フランから拡大。同行は、「クレデ ィ・スイス・グループは、すべての部門が前進し、経済状況も改善したことから、 ことしは幸先の良いスタートを切った。グループは2004年について楽観的だ」 との見通しを示した。

クレディ・スイスや同業のスイスのUBSは、富裕層からの投資顧問手数料 収入や証券の引き受け、トレーディングによる収入が増え、業績が改善している。 4日にUBSが発表した1-3月期決算は、株式部門の利益が倍増し、四半期ベ ースでは過去最高益となった。

証券部門、クレディ・スイス・ファースト・ボストンの純利益は前年同期比 27%増の7億5900万スイス・フランだった。

原題:Credit Suisse `Optimistic' After Jump in First-Quarter Profit(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE