コンテンツにスキップする

5日主要朝刊の主なニュース(三菱自、三菱ふそう、日朝協議)

5日の主要各紙朝刊の主なニュースは次の通 り。

三菱自:総額4000-5000億円の支援を念頭に、連休明けから三菱グループ企 業のほか機関投資家にも増資を要請。5月中旬の決算発表時に再建策を公表予定。 (朝日1面など)

三菱ふそう:大型トレーラーのタイヤ脱落事故で、捜査当局は6日にも前会 長らを道路運送車両法違反などの容疑で逮捕、証拠隠蔽容疑で強制捜査する方針。 (読売1面など)

日朝協議:4日午後、北京で再開。日本側は拉致被害者家族の早期帰国を要 求。実現すれば国交正常化交渉を再開するとの方針を伝えたもよう。(各紙1 面)

政府:テロ特措法に基づき、米英軍などがテロ掃討作戦と治安維持を行って いるアフガニスタンに今夏にも陸上自衛隊の派遣を検討。医療や輸送支援を想定。 (読売1面)

大手スーパー:新規出店のための投資を急拡大。大手5社の今年度の新店投 資額は前年度比76%増の1592億円。工場の海外移転で出店用地が増えているため。 (日経1面)

原子力委員会:核燃料リサイクル政策の見直し作業を開始。使用済み核燃料 の全量再処理を、直接埋め立てへの転換を検討。(毎日1面)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE