コンテンツにスキップする

駐サウジ米大使:米国人に国外退避を勧告-安全上の問題で

ジェームズ・オーバーウェター駐サウジア ラビア米大使は4日、同国内の米国人に対し、安全が保証できないとして国外 退避を勧告した。同国では1日、西側外国人労働者5人が銃殺される事件が起 きている。

在リヤド米大使館のボブ・キース報道官によると、退避勧告は、銃殺事件 が発生した石油工業都市ヤンブーに駐在する米国人と他の西側外国人に対して 発令された。

同報道官が電話で語ったところによると、米大使館は4月、安全上の問題 を理由に職員の家族全員を国外に退避させた。

原題:U.S. Urges Americans to Leave Saudi Arabia on Security Concern (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE