コンテンツにスキップする

米プライスラインの1-3月期:黒字確保-売上高は12%増

オンライン格安旅行サービス会社の米プライ スライン・ドット・コムが3日発表した第1四半期(1-3月)決算は、純損益 が510万ドル(1株当たり11セント)の黒字となり、770万ドル(同21セント) の赤字だった前年同期に比べ大幅改善した。小売り販売などの導入で航空券販売 枚数が過去2年間で初めて増加したことなどが寄与した。

同社はまた、ホテル予約サイトのトラベルウェブ・ドット・コムの株式

71.4%を2080万ドルで取得したことを明らかにした。この結果、同社のトラベル ウェブ持ち株は86%となった。売上高は前年同期比12%増の2億2410万ドルと なった。

優先株配当支払いなどを除いた実質利益は1株13セントでトムソン・フィナ ンシャルによるアナリスト7人の平均予想8セントを上回った。

同社は第2四半期(4-6月)の業績について、トラベルウェブ取得コスト などを除いたベースの1株利益が30セントとなると予想している。

同社は米証券取引委員会(SEC)に対し、1億ドル相当の証券を発行する 一括登録を行った。同登録によると、香港の資産家、李嘉誠氏率いる複合企業ハ チソン・ワンポアと不動産開発最大手チョンコン・ホールディングズも両社保有 のプライスライン持ち株計1270万株(発行済み株式の34%)を売却する可能性が ある。

原題:Priceline.com Has 1st-Quarter Profit on New Air Fares (Update2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE