コンテンツにスキップする

米CSFBの元ハイテク担当者クアトロン氏、司法妨害で有罪評決

米証券大手クレディ・スイス・ファースト・ ボストン(CSFB)のハイテク企業担当部門の元責任者、フランク・クアト ロン被告は3日、ハイテク株のバブル期の新規株式公開(IPO)に関連し、 司法妨害で有罪の評決を受けた。

今回の評決は、ニューヨークの連邦地裁で2週間にわたる公判の後、陪審 員による2日間の審議の結果下されたもので、ハイテク株のバブル期の新規公 開株に関連する有罪判決としては初めて。2件の司法妨害と1件の証拠改ざん が認定された。クアトロン被告(48)は昨年10月にも同じ罪状で裁判を受けた が、陪審は意見不一致を理由に未決定審理を言い渡していた。

米証券業界の有力幹部クラスで禁固刑に直面するのは、ジャンク債(高リ スク・高い利回り)債分野の草分けだったマイケル・ミルケン氏が1991年に証 券界を永久追放されて以来のこと。今回の裁判は、CSFBによる新規公開株 の割り当て方法について連邦大陪審が調査していると知った後、クアトロン被 告が従業員に転送したファイル処分を促す1通の電子メールが決め手となった。 同被告は9月8日の判決言い渡し後、10カ月から1年4カ月服役することにな る見通しだが、元米検察当局者のカービー・ベレ氏によると、さらに厳しい刑 を受ける可能性も残るという。

弁護人のジョン・キケル氏は記者団に対し、「陪審が聞いていない証拠が 多くあるため」控訴する考えを表明した。

原題:CSFB's Quattrone Convicted of Obstruction, Tampering (Update9)(抜 粋)

--共同取材  Christopher Mumma, Bob Van Voris, Eric Moskowitz, Andrew Dunn. Editors: Oster, Pinsley, Rooney,Pinsley.

kshugo@bloomberg.net Editor:Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク David Glovin (1)(212)9245

dglovin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Patrick Oster (1)(212) 893-4088,

poster@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE