コンテンツにスキップする

4月米自動車販売:フォードが減少、クライスラー、トヨタは増加

大手自動車メーカーが3日発表した4月 の米国自動車販売統計によると、世界2位の自動車メーカー、米フォード・ モーターの自動車販売は前年同月比4.1%減少した。半面、ダイムラークラ イスラーとトヨタ自動車は、新型車投入や景気回復を背景に増加した。

フォードの自動車販売は28万5675台だった。乗用車が7.9%減少し、 小型トラックが2.1%減少した。ダイムラークライスラーのクライスラー部 門の販売台数は1%増の18万9011台。トヨタは10%増、日産自動車は14% 増と健闘した。ホンダは2.4%減と、2カ月連続でマイナスだった。

世界自動車最大手の米ゼネラル・モーターズ(GM)は、システム障害 でディーラー各社からの報告が受け取れなかったため、同統計発表をあすに 延期すると発表した。調査会社トムソン・ファイナンシャルのアナリスト調 査によると、GMの販売台数は4.5%増えた見込み。

アナリストは4月の米自動車販売について、税還付や景気拡大を背景に、 総じて伸びたと予想、また、トヨタ、日産など日系メーカーが市場シェア (占有率)を伸ばしたとみている。

3日の米国株式市場でフォードの株価は9セント(0.6%)安の15ドル 27セント。GMは87セント(1.8%)高の48ドル29セント。ダイムラーク ライスラーは71セント(1.6%)高の45ドル11セント。

フォードの小型車「フォーカス」の販売台数は1.1%減の1万8253台。 スポーツ型多目的車(SUV)「エクスプローラー」は7.7%減の2万7858 台だった。クライスラーの乗用車販売台数は5%減の4万5712台だった。

調査会社CNWマーケッティング・リサーチによると、4月に自動車各 社が低金利ローンや割戻金などの販売促進に充てた費用は、フォードで4119 ドルと、3月に比べ40ドル減少した。GMは4ドル減の4288ドル。クライ スラーで4201ドルと、115ドル減少した。

トヨタ、日産が健闘

トヨタの4月米国自動車販売は16万7129台。中型車セダン「カムリ」 やガソリンエンジンと電気モーターを併用したハイブリッド車「プリウス」 の販売好調が寄与した。日産の米国販売台数は6万9470台。ピックアップト ラック「タイタン」や乗用車「アルティマ」の需要が拡大した。日産のブラ ンド車の売上高は14%増の5万9491台、高級車「インフィニティ」の売上 高は13%増の9979台だった。

ホンダの米国自動車販売は11万4929台。セダン車「アコー ド」とミニ バン「オデッセイ」の販売不振が響いた。ホンダのブランド車の販売台数は

4.1%減の9万8491台だった一方、ス ポーツ車「アキュラ」や軽トラックの 販売台数は9.2%増の1万6438台だった。

原題:Ford's April Auto Sales Fell; Chrysler, Toyota Rose(抜粋)

--共同取材 Bill Koenig and Jeff Green Editor: Geimann

sgeimann@Bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE