コンテンツにスキップする

米軍はファルージャ包囲継続、1000人規模のイラク人部隊配置-NHK

1日朝のNHKニュースによると、イラクに 駐留する米国軍のキミット准将が4月30日に記者会見し、イラク中部のファルー ジャから米軍は撤退していないと述べた。治安部隊の活動の一部をイラク人部隊 に肩代わりさせるだけで、ファルージャの包囲は緩めないという強い姿勢を示し たという。

米国軍と武装勢力の間で激しい戦闘が続いてきたファルージャでは30日、米 軍の部隊が南部の地区から検問所を撤収するなどして移動をはじめた。それに代 わってイラク人の治安部隊が配置につき、地元の人たちの歓迎を受けたという。 この動きについて、米軍のキミット准将は、部隊は撤退したのではないと強調し たうえで、今後、1000人規模のイラク人の治安部隊が海兵隊の指揮下に入りファ ルージャで活動することを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE