コンテンツにスキップする

米ペプシコ:SECが民事訴訟の可能性も-Kマート不適切会計絡みで

清涼飲料世界2位の米ペプシコは30日、 同社2部門が小売大手Kマートの不適切な会計処理に関与した疑いで、米証券 取引委員会(SEC)から民事訴訟を起こされる可能性があることを明らかに した。

SECの主張によると、ペプシの飲料部門ペプシ・コーラと、スナック菓 子部門のフリトレーからKマートに対し、それぞれ300万ドルと280万ドルが 支払われ、両部門の従業員がこの支払いに関する書類に署名、Kマートは売上 高の時期を不適切に記録する際にこの受け取り金を利用した。

ペプシコは、この問題に同社幹部は一切関与していないと述べ、調査に協 力していく姿勢を明らかにした。

SECはかつて、Kマートが連邦破産法の適用を申請する前に、同社幹部 2人が会計法規に違反したとして訴訟を起こしたが、連邦地裁判事は2月、こ の訴えを棄却した。

30日のニューヨーク株式市場で、ペプシコの株価は下落。現地時間午後3 時15分現在、前日比57セント(1.3%)安の42ドル68セントで推移している。

原題:PepsiCo Says SEC May Bring Civil Charge Tied to Kmart (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE