コンテンツにスキップする

NY証取とナスダック-上場めぐり米グーグル争奪戦へ

インターネット検索サービス会社、米グー グルが新規株式公開(IPO)の申請で上場先を明らかにしなかったのを受 け、同社の誘致を目指すニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック (店頭株市場)によるグーグル争奪戦が始まる。

グーグルは29日、SECへの届け出資料で「NYSEまたはナスダック全 米市場(NNM)のどちらかに上場する」方針を表明した。

今回のIPOは調達額は最大27億2000万ドルに達し、米インターネット関 連企業としては過去最大規模になる可能性がある。それだけにNYSEやナス ダックにとってグーグル獲得は重要。現在、NYSEにはメディア最大手のタ イム・ワーナー(旧AOLタイム・ワーナー)、ナスダックにはオンライン競 売最大手のeベイやオンライン通販最大手のアマゾン・ドット・コムなどのネ ット関連企業が上場している。

ジョージタウン大学のジェームス・エンジェル助教授(財政学)は、上場 企業の争奪戦での敗退は常に打撃になる」と指摘。「NYSEがグーグル誘致 に成功した場合にナスダックが受ける打撃の方が、ナスダックが成功した際に NYSEが被る打撃よりもはるかに大きい」と語った。

グーグルは、スタンフォード大学の卒業生であるサージー・ブリン、ラリ ー・ページ両氏が1995年に創業。昨年の業績は、純利益が1億500万ドル、売上 高が9億6180万ドルだった。

NYSEの上場基準は、3年間の合計利益が1000万ドルを上回り、直近2 年間の通期利益が毎年200万ドル以上。株式時価総額は最低5億ドルに達して いなければならない。ナスダックは、株式時価総額が1500万ドル以上であるこ とや、株価が5ドル以上、株式数が110万株以上、株主が400人以上であること などを基準にしている。

ブルームバーグ・ニュースの取材に対し、NYSEの広報担当リチャー ド・アダモニス氏はコメントを控えた。ナスダックの広報担当ベサニー・シャ ーマン氏からも回答がない。

原題:NYSE or Nasdaq? Google Filing Fails to Identify Primary Market

--共同取材: Philip Boroff

To contact the reporters on this story: Brett Cole in New York

at coleb@bloomberg.net. Phil Boroff in New York at pboroff@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

To contact the editor on this story: James Greiff in New York (1)

at jgreiff@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE