コンテンツにスキップする

中国の海南航空1-3月期:56%増益-旅客数の増加で

米資産家のジョージ・ソロス氏が筆頭株 主の中国の海南航空が30日発表した第1四半期(1-3月)決算は、旅客数 が約25%増えたことから56%増益となった。

同社発表によると、純利益は5180万元(約6億円)と前年同期の3310万 元から拡大した。売上高は前年同期の16億元から18億元に増えた。1-3月 期の旅客数は240万人。

また、同期の搭乗率は73%で、前年同期の64%から改善した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE