コンテンツにスキップする

米ゴールドマン:ディズニーへの助言により買収防衛手数料で首位に

ケーブルテレビ(CATV)最大手、米コ ムキャストは28日、娯楽大手の米ウォルト・ディズニーに対する買収提案を撤 回した。これにより、証券3位の米ゴールドマン・サックス・グループは、買 収対象となった企業への助言業務を通じて買収から守った成功報酬を受け取り、 昨年首位の米モルガン・スタンレーを抜き1位となった。

ディズニーのアドバイザーを務めた米ゴールドマンとベアー・スターンズ は、実現しなかった買収案のうち過去最大規模(540億ドル=約5兆9000億円) だった同案件で、最大2500万ドルずつの手数料を得るとみられる。一方、銀行 関係者や法律家によると、コムキャストのアドバイザーだった米モルガン・ス タンレーやJ.P.モルガンなど4社は、必要経費程度を得るにとどまる。

ゴールドマンとベアー・スターンズの今回の成功は、買収の脅威にさらされ た企業からの業務獲得の機会増にもつながる可能性がある。インサイト・イン ベストメント・マネジメントで運用に携わるクリスピン・クリップウェル氏は 「ゴールドマンとベアー・スターンズは評判を上げた」と話す。一方、マージ ャー・インサイトのトム・バーネット社長は「コムキャストの取締役会はよい 助言を得られなかった」と話している。

原題:Goldman, Bear Keep Fees as Comcast Ends Disney Bid (Update1)(抜 粋)

--共同取材: Tom Laufer. Editors: Greiff, McCabe.

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク George Stein (1)(212) 893-3934 (1) (917) 545-9850 or ghstein@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

James Greiff (1)(212) 893-5801

jgreiff@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE