コンテンツにスキップする

中国のSMIC:1-3月期は黒字確保-顧客増と半導体値上がりで

中国最大の半導体メーカー、中芯国際集 成電路製造(SMIC)が26日発表した第1四半期(1-3月)決算は黒字 確保となった。顧客が増加し半導体の値上がりが奏功した。

SMICの発表資料によれば、純損益は861万ドル(1株当たり0.05セ ント)の黒字となった。前年同期は3810万ドル(44.3セント)の赤字だっ た。シリコンウエハーの出荷が前期比で14%増となり、4-6月期もさらに 10%を超える伸びになるとしている。

リチャード・チャン最高経営責任者(CEO)は電話会議で、「すでに7 -9月期までの受注が見えており、通信など全ての市場分野から力強い注文 が入っている」と述べた。SMICは3月、新規株式公開を通して18億ドル (約1950億円)の資金を調達した。

原題:Semiconductor Manufacturing Rebounds to Net on Sales (Update3) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE