コンテンツにスキップする

自動車大手5社:03年度世界生産はトヨタ、ホンダが最高(2)

(末尾に各社の世界生産、国内生産、海外生産、輸出の表を追加します)

【記者:竹内カンナ】

4月26日(ブルームバーグ):自動車大手5社が26日発表した2003年度の生 産実績によると、三菱自動車工業を除く4社の世界生産台数が増加、トヨタは5 年連続で過去最高となった。ホンダも7年連続で過去最高を更新した。日産自動 車も91年度以来13年ぶりに300万台を超え、過去2番目となった。一方、三菱 自動車は2年ぶりで前年度を下回った。

トヨタ

トヨタの03年度の世界生産台数は前年度比9.9%増の629万7659台となった。 5年連続で過去最高。02年度の572万9925台だった。

国内生産は同1.3%増の355万8239台と小幅増だった一方、海外生産は24% 増の273万9420台と大幅に伸びた。海外は12年連続で前期を上回り、過去最高 を更新した。輸出は1.3%増の186万61台と5年連続でプラスだった。

日産自、初めて海外生産が国内を上回る

日産自の世界生産台数は11%増の306万3071台と、過去最高だった91年度 以来12年ぶりに300万台を超え、過去2番目の水準だった。海外は21%増の158 万8008台で過去最高を更新、同社として、初めて海外生産が国内生産を上回った。 国内は2.1%増の147万5063台だった。

なかでも米ミシシッピ州キャントン工場でミニバン「クエスト」、スポーツ 型多目的車(SUV)「アルマーダ」、ピックアップトラック「タイタン」の大 型車種の生産が相次いで立ち上がったことから、同国生産は58%増の61万9665 台と大幅に伸びた。メキシコは乗用車「セントラ」(日本名サニー)が減少し 10%減となったが、その他の地域では英国で12%増、スペインで28%増など好調 だった。

輸出は3.7%増の71万9165台と、2年連続で前年度を上回った。北米向けは 乗用車「マキシマ」を現地生産にしたことや、輸出開始から1年以上たった高級 車「インフィニティFX45/FX35」やSUVの「ムラーノ」などが減少し たことから18%減となった。欧州向けはSUVの「エクストレイル」が好調で 30%増。またアジア向けは53%増、中南米向けも26%増、大洋州向けも17%増と 大幅に伸びた。

海外販売では、北米が14%増の114万5504台となった。うち米国は18%増 の85万6080台と2年連続で前年度を上回り、年度で過去最高となった。ニッサ ン・チャンネルは乗用車「アルティマ」、「アルマーダ」や「タイタン」の販売 が好調だった。高級ブランドのインフィニティ・チャンネルでは「G35」(日 本名スカイライン)、「インフィニティFX45/FX35」が販売を押し上げ 30%増の12万3679台と89年に同ブランドの販売を立ち上げて以来の過去最高と なった。欧州は15%増の54万9649台で2年連続でプラス。国内は軽自動車を含 む販売台数が2.6%増の83万6823台と2年連続でプラスとなった。

ホンダ

ホンダの03年度の世界生産は海外生産の増加を背景に前年度比1.0%増の 299万1338台となり、現行の方式で海外生産を計上し始めた97年度以来7年度連 続で前年を上回ると同時に過去最高を更新した。

うち国内は小型車「フィット」の販売減が響き同13%減の118万2024台と 99年度以来4年ぶりにマイナスとなった一方、海外が同12%増の180万9314台 と7年連続でプラスとなった。

輸出は北米、アジアでの現地生産の増加を受けて減少、同2.5%減の47万 4001台と2年ぶりに前年を下回った。

海外販売については、米国が小型SUVの「CRV」や「エレメント」など が好調で5.4%増の135万1142台。アジアでは乗用車「アコード」が2倍近い伸 びとなった中国が74%増の13万3793台となった。

マツダは10%増、2年連続プラス

マツダの年度累計の世界生産は前年度比10%増の106万5691台と2年連続で 前年度を上回った。国内生産は「ファミリア」に代わる主力車の「アクセラ」や 中型乗用車「アテンザ」が好調で同4.5%増の81万1333台と2年連続で増加した。

輸出は4.7%増の55万5248台と3年連続で前年度水準を上回った。新型の主 力車アクセラやアテンザが伸びた。また新型スポーツカー「RX-8」が上乗せ になった。

輸出先別には北米向けはファミリアからアクセラへの切り替えが遅かったこ とから6.8%減の17万7515台と減少したが、欧州向けが9.1%増の21万2213台 と順調に推移した。アジア向けは28%増の3万1115台だった。中近東はアクセラ が人気で26%増の4万5457台だった。

三菱自動車は前年割れ

三菱自の03年度の世界生産は9.4%減の153万7469台と2年ぶりの前年割れ となった。国内生産は1.9%減の75万1843台と2年ぶりにマイナス、海外生産が 16%減の78万5626台と5年ぶりにマイナスなった。輸出は12%減の37万6103 台と2年ぶりに前年度を下回った。

03年度の自動車大手5社、生産、販売、輸出台数】
(カッコ内は前年度比%)
        世界生産         国内生産         海外生産           輸出
トヨタ 6,297,659(+ 9.9) 3,558,239(+ 1.3) 2,739,420(+23.6)1,860,061(+ 1.3)
ホンダ 2,991,338(+ 1.0) 1,182,024(-12.6) 1,809,314(+12.4)  474,001(- 2.5)
日産自 3,063,071(+10.9) 1,475,063(+ 2.1) 1,588,008(+20.6)  719,165(+ 3.7)
三菱自 1,537,469(- 9.4)   751,843(- 1.9)   785,626(-15.5)  376,103(-12.0)
マツダ 1,065,691(+10.0)   811,333(+ 4.5)   254,358(+32.3)  555,248(+ 4.7)

--共同取材:藤村奈央子  --Editors:Tang、Hinoki

企業ニュース:JBN18 業界別ニュース:JBN17 自動車 : NI AUT 自動車部品 : NI AUP 輸送機器 : NI TRN

種類別ニュース: 日本経済 : NI JEALL

企業 : NI KIGYO

NI COS

人名録

地域別ニュース: 日本 NI JAPAN アジア NI ASIA 米国 NI US 欧州 NI EUROPE NI JKTOP NI JPALL NI JNEWS NI JHEAD

##

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE