コンテンツにスキップする

米モルガン・S、1-3月期の投資銀行業務手数料で4年ぶり1位

ウォール街のコンサルティング会社、フリ ーマンによると、証券2位の米モルガン・スタンレーは第1四半期(1-3月) の世界の投資銀行業務手数料収入で、同3位のゴールドマン・サックスを抜き、 4年ぶりに首位となった。

フリーマンによると、引き受けやM&A(企業の合併・買収)でモルガン・ スタンレーが第1四半期に得た手数料は7億2500万ドル(約790億円)と、前 年同期に比べ50%増えた。過去5年のうち4年で首位だったゴールドマンの手 数料収入は6億4500万ドルだった。

ウォール街の投資銀行全体の第1四半期手数料収入は110億ドルと、前年 同期に比べ37%増えた。

モルガン・スタンレーの世界投資銀行責任者テリー・メギッド氏は「投資 銀行の活動水準が高まっているのは、ひとつには低迷期にせき止められていた 戦略的案件の需要が表面化した結果だ」と指摘した。同氏はフリーマンのデー タについてはコメントを控えた。

フリーマンによる投資銀行手数料の一覧は以下の通り。

*T 投資銀行手数料 (1)

-----2004---- -------------2003---------------- 会社名 第1四半期 第4四半期 第1四半期

(億ドル) (順位) (億ドル) (順位) (億ドル) (順位) MorgStan 7.254 1 6.355 4 4.820 2 Citi 6.838 2 7.043 3 4.590 3 Goldman 6.450 3 8.371 1 5.392 1 Merrill 6.030 4 5.398 8 3.742 5 CSFB 5.542 5 5.924 6 4.045 4 UBS 5.508 6 7.322 2 2.951 8 JPMorgan 5.489 7 6.328 5 3.644 6 Deutsche 5.094 8 5.869 7 3.363 7 Lehman 4.480 9 3.816 9 2.920 9 B of A 2.417 10 2.446 10 2.236 10

合計 110.4 123.5 80.4 注:

(1) 数字は特定企業向けのフリーマンの他のリポートとは、選択基準やエ データ範囲が異なるため、一致しない。

(2) 投資銀行業務にはM&A助言と株式引き受け(IPO、増資、大口売 買、ブックビルディング)、株式関連証券の引き受け、投資適格級および高リス ク・高利回り債の引き受けが含まれる。

原題:Morgan Stanley Ousts Goldman, Wins Most Banking Fees in 1s Qtr(抜 粋)

--共同取材: Adrian Cox Brett Cole Editor: Greiff, Pickering, Kraus.

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク George Stein (1 212) 893-3934 ghstein@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

James Greiff (1)(212) 893-5801 jgreiff@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE