コンテンツにスキップする

1-3月期の為替レート予想:米メリルリンチが最も正確-調査

ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査 によれば、米メリルリンチが1-3月期の外国為替レートを最も正確に予想した 金融機関となった。メリルの為替戦略チームは、現在までの2カ月間に及ぶドル の反発は長くは続かないと予想している。

メリルリンチのグローバル通貨部門チーフストラテジスト、イアノス・コン トポウロス氏が率いる6人の為替チームは、ドルはユーロに対し6月末までに1 ユーロ=1.25ドルに、年末までに1.33ドルに下落すると予想している。ブルー ムバーグが昨年12月時点で調査対象とした金融機関54社のうち、メリルリンチ の為替レート予想の平均誤差は1.77%と最も小さいものだった。

メリルリンチは、世界的な景気回復によって欧州経済が改善し、円高は輸出 に悪影響を与えるとする日本の通貨当局者の懸念が緩和されるなか、ドルはユー ロや円に対し下落するとみている。コントポウロス氏は、電話での取材に応じ、 「われわれはゆっくりだが確実にドル安になると見込んでいる」と述べた。

調査では、資産規模で米銀行5位のワコビアの誤差が1.95%と2番目に小 さかった。昨年10-12月期の調査で最も正確な予想を行ったドイツ銀行は、1 -3月期の誤差が1.98%となり3位に後退した。ブルームバーグは昨年末、各 金融機関に対しドル、ユーロ、円、ポンド、スイス・フランの今年3月31時点 での為替レートを予想してもらい、これを基に今回の調査を行った。

原題:Merrill Replaces Deutsche as Most Accurate Currency Forecaster (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE