コンテンツにスキップする

鹿島石油:鹿島製油所の火災がようやく鎮火―今後は原因究明へ

石油精製会社の鹿島石油は23日、鹿島製 油所(茨城県神栖町)での火災について、同日午前10時すぎに鎮火したと発 表した。ただ、火災発生の原因については判明しておらず、同社では事故調査 委員会を設置して原因究明に全力を挙げる方針だ。

この火災は今月21日午前5時すぎ、重油から硫黄分を取り除く重油処理 装置で発生。このため、常圧蒸留装置(日量19万バレル)を含めすべての装 置を停止した。火災によるけが人はいなかった。

--Editor: Booysen, Ozawa

企業ニュース:JBN18、KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE