コンテンツにスキップする

米シアーズ:1-3月期赤字転落、損失8.59億ドル-会計方式変更で

米百貨店最大手のシアーズ・ローバック が21日発表した第1四半期(1-3月)決算では、年金コストを処理する際 の会計方式の変更と、衣料品売上高の減少により、損益が8億5900万ドル (1株当たり3ドル90セント)の赤字となった。

同社発表文によると、前年同期は1億9200万ドル(同60セント)の純利 益だった。売上高は77億9000万ドルで、前年同期比12%減少した。

年金コストの会計処理方式変更で、1株当たりの損失は3ドル81セント 拡大したという。既存店売上高は1.6%増加したが、同業大手のJ.C.ペニ ーやウォルマート・ストアーズを下回った。

会計方式の変更による影響を除外すると、1株当たり9セントの損失にな るという。トムソン・ファイナンシャルが8人のアナリストを対象に実施した 調査によると、このベースでの予想平均は1株当たり10セントの損失。

21日のニューヨーク株式市場で、シアーズの株価は上昇。現地時間午前 10時現在、前日比25セント(0.6%)高の41ドル96セントで推移している。

原題:Sears Has a First-Quarter Loss of $859 Mln on Pension (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE