コンテンツにスキップする

英国のブローカー人材の需給がひっ迫、カザノブが買収標的にも-WSJ

16日付の米紙ウォールストリート・ジャー ナルは、世界の投資銀行はこぞってコーポレート・ブローカー業務に優れた人 材の採用を英国で進めていると報じた。コーポレート・ブローカーは英国に独 自の制度で、企業に指名され、株式市場で当該企業の代理人として取引を行う。 株式相場の回復に伴い、投資銀行はコーポレート・ブローカーの指名を受けよ うとして、優秀な人材の確保を急いでいるという。

同紙によると、米ゴールドマン・サックス・グループは、米メリルリンチ のロンドンのコーポレート・ブローカー・チームから、ジョシュア・クリッチ リー氏を獲得した。米モルガン・スタンレーも、メリルからコーポレート・ブ ローカー5人を採用した。

同紙は、このような人材獲得合戦のなかで、英国最後の独立系コーポレー ト・ブローカーである名門証券会社カザノブが、買収の標的となる可能性があ ると指摘している。カザノブは新規株式公開(IPO)を計画しているが、実 現するかどうかはまだ分からない。

同紙は事情に詳しい関係者の話を基に、米証券のリーマン・ブラザーズは 価格が適正であればカザノブ買収を検討するかもしれないと報じている。リー マンとカザノブは同紙に対しコメントを控えたという。

原題:Investment Banks Are Going for Brokers in London, Journal Says(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE