コンテンツにスキップする

シンガポール株(終了):続落-ネプチュユーン安い、原油高嫌気

シンガポール株式相場は続落。シンガポ ールの海運最大手ネプチューン・オリエント・ラインズやシンガポール航空 が売られた。原油の値上がりにより燃料費が増加するとの懸念が広がった。

ST指数の終値は、シンガポール時間午後5時5分現在、前日比2.76ポ イント(0.2%)安の1895.51。取引時間中にST指数は一時0.4%高となっ たが、結局安く終わった。ST指数先物(4月限)は変わらずの1898。

ネプチューン(NOL SP)は7セント(3.1%)安の2.20シンガポール・ ドル。シンガポール航空(SIA SP)は10セント(0.9%)下げ11.10シンガ ポール・ドル。

一方で、不動産開発で東南アジア最大手キャピタランド(CAPL SP)は4 セント(2.3%)高の1.76シンガポール・ドル。同社とホテル運営のホテ ル・プロパティーズ(HPL SP)の合弁会社が英国での開発プロジェクトを約 2300万ポンド(約44億円)で売却することで合意したのが好感された。

原題:Singapore's Stock Index Drops, Led by Neptune; CapitaLand Gains (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE