コンテンツにスキップする

米エコスターCEO:タイム・ワーナーからの「妥当な」提示待ち

米衛星放送2位のエコスター・コミュニ ケーションズのチャールズ・アージェン最高経営責任者(CEO)は12日、 メディア世界最大手の米タイム・ワーナー傘下放送局の番組放映を継続する上 で、まだ「妥当な契約内容」の提示を受けていないと語った。

アージェンCEOは、エコスターが運営する衛星テレビ放送「ディッシ ュ」の加入者向けに、タイム・ワーナー傘下ターナー・ブロードキャスティン グの一部放送局の番組を放映するための契約更新に向け交渉を行っていること を明らかにした。ターナーはCNN放送をはじめ、業界をリードする放送局を 多数運営している。

リーマン・ブラザーズのアナリスト、ビジェイ・ジャヤント氏はこの日、 顧客向けリポートの中で、現行契約は今月末で終了すると指摘している。

同CEOによると、ターナーはエコスターと競合するケーブルテレビ(C ATV)会社に対する放映料よりも高額の料金をエコスターに要求している。

ターナーの広報担当者は電子メールで、エコスターとの間で新たな契約で 合意に達することを「期待している」とするとともに、両社の交渉について具 体的にコメントはしないと語った。

原題:EchoStar Waiting for `Reasonable' Time Warner Offer, Ergen Says (抜粋)

--共同取材 ニューヨーク Holly M. Sanders Editor: Baumann

DISH US <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE