コンテンツにスキップする

仏産業相:仏サノフィのアベンティス買収案に「中立」の立場

フランスのドベジャン産業担当相は9日、 同国の製薬会社サノフィ・サンテラボによる同業のアベンティスに対する451 億ユーロ(約5兆7450億円)規模の敵対的買収について、政府は「中立」の 立場であるとの見解を示した。

ドベジャン産業相のスポークスマンによると、同相は9日にパリで、「成 り行きを注視しているが、依然中立の立場だ」と語った。同相は内閣改造に伴 い就任したばかり。

フランスのラファラン首相は先月の時点で、「国益」を守る上で政府とし てはこれまでのところ、スイスの同業ノバルティスによるアベンティスの買収 よりもサノフィによる買収を支持する姿勢を示している。ラファラン首相は3 月末に再任されている。

ノバルティスは今月初め、フランス政府が外国企業による買収に難色を示して いる限り、アベンティスに買収案を提示しない意向を示していた。

原題:Industry Minister Says France `Neutral' on Sanofi's Aventis Bid (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE