コンテンツにスキップする

【注目株】コンビニ株、買い上げ点数減少で全社前年割れ-3月既存店

コンビニエンスストア株の動向に注目が集 まりそうだ。2004年3月は好天に恵まれたが、買い上げ点数の減少などで客単 価が続落、大手8社すべての既存店売上高が前年実績を下回った。

業界では、「デフレは止まったが、レジ前などで衝動的にカゴに入れてし まう『プラス1品消費』が落ち込んでいる。消費者の節約志向はまだまだ根強 い」(ポプラ社長室の桂木猛史IR担当)とみている。

ブルームバーグ・ニュースが12日までにまとめたコンビニエンスストア8 社の2004年3月売上高(速報ベース)によると、既存店ベースの客単価も全社 で前年割れとなった。その下落幅は、セブンーイレブン・ジャパンが前年1.5% 減、ローソンが同0.8%減、ファミリーマートが同2.2%減。業界全体として、 顧客1人あたりの買い上げ点数が減少。人気ゲームソフト「ファイナルファンタ ジーX-2」の反動などもあって、サービス部門の売り上げが減少、客単価を押 し下げた。

○コンビニの3月売上高(前年同月比%)
注)▲はマイナス:この数値は速報ベース
チェーン名                 既存店売上高   既存店来客数   全店売上高
セブン-イレブン・ジャパン    ▲ 1.9         ▲ 0.4           3.5
ローソン                    ▲ 2.5         ▲ 1.2           1.1
ファミリーマート             ▲ 0.5            1.7           4.2
サークルケイ・ジャパン       ▲ 0.8         ▲ 0.3           0.5
サンクスアンドアソシエイツ   ▲ 2.6         ▲ 0.2        ▲ 1.3
ミニストップ                 ▲ 1.5         ▲ 0.6           2.5
スリーエフ          ▲ 2.7            0.0        ▲ 4.5
ポプラ                       ▲ 1.8         ▲ 0.3           0.2

参考:3月の主要都市各地天気状況 (カッコ内は2003年3月との比較)
           東京         名古屋          広島           福岡
上旬     7.1(+0.2)   5.5(-0.4)    6.0(-0.1)     7.4(-0.7)
中旬    11.4(+4.5)  10.6(+3.9)   11.3(+3.7)    12.7(+3.7)
下旬    10.9(-1.0)  11.0(+0.2)   11.4(+0.4)    12.5(+0.1)
通月     9.8(+1.1)   9.1(+1.2)    9.7(+1.4)    10.9(+1.0)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE