コンテンツにスキップする

香港当局、中国人寿保険IPOでの割り当て数の誤報で幹事の責任問わず

香港の証券先物委員会は9日、中国最大の保 険会社、中国人寿保険の新規株式公開(IPO)に際し、公開株の割り当てに 関して誤った情報が報道されたことについて、幹事会社に罰則を科さない方針 を示した。

中国人寿保険の上場前日の2003年12月17日に現地紙に掲載された記事で、 一部の株主への割り当てが実際は2000株のところを3000株と誤って報道され た。証券先物委員会はウェブサイトで、誤りは割り当てについての発表文を印 刷した印刷所の責任だとして、幹事を務めた中国国際金融公司(CICC)、シ ティグループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン、ドイツ銀行には責 任がないとの見解を発表した。

ウェブサイトでは、「発表文を印刷した印刷所が誤りを犯すことは、合理的 に予測不可能だった」と述べている。当局によると、誤りは9186人の投資家に 影響したものの、取引初日の18日に訂正記事が報道されたため、取引に混乱は なかった。

原題:China Life IPO Sponsors Won't Be Punished for Error (Update1)(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE