コンテンツにスキップする

独ドレスナー:ユーロの対ドル相場見通し下方修正-米利上げ観測で

ドイツ金融大手アリアンツの投資銀行部 門、ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン(DKW)は7日、ユ ーロの対ドル相場見通しを下方修正した。3月の米非農業部門雇用者数がほ ぼ4年ぶりの大幅増となったことで、米連邦準備制度が利上げする可能性が 出てきたとしている。

米国の政策金利は現在1%と45年ぶりの低水準となっており、欧州中 央銀行(ECB)の2%を下回っている。DKWは、米利上げがあればドル 建て債務への需要が膨らむだろうとしている。

DKWの通貨ストラテジスト(ロンドン)のカマル・シャーマ氏は、 「3月の米雇用統計を受け、米国の景気拡大シナリオは非常に現実的となっ ている。雇用拡大はジグソーパズルの最後の一片で、米利上げの見通しを強 めた」と述べている。

DKWは、ユーロの対ドル相場は3カ月後に1ユーロ=1.15ドル(従 来予想1.25ドル)、6カ月後に1.20ドル(同1.28ドル)、9カ月後に

1.24ドル(同1.33ドル)、12カ月後に1.28ドル(同1.38ドル)になると 予想している。

原題:Dresdner Cuts Euro Forecast Versus Dollar, Cites Fed View (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE