コンテンツにスキップする

米リーマン:米国外での買収を模索、欧州で雇用増へ-欧州アジアCEO

証券4位の米リーマン・ブラザーズ・ホー ルディングスは、米国外での企業買収の可能性を模索している。欧州・アジア 部門のジェレミー・アイザックス最高経営責任者(CEO)が7日、明らかに した。

同CEOによると、リーマンは現在、総収入の3分の1未満を国外収入に 依存しているが、これを50%に引き上げたい考え。同氏は、「この目標を達 成するには、企業を買収しなくてはならない」と述べた。また、投資銀行の業 務拡大に向けて、雇用を増やす計画を明らかにした。

リーマンの欧州事業による収入は、ゴールドマン・サックス・グループの 半分に満たない。同社は2003年、29億ドルで米資産運用会社のニューバーガ ー・バーマンを買収した。

フラムリントン・グループで60億ドル以上の資産運用に携わるウィリア ム・カルバート氏は、「国際化は避けて通れない。英国や欧州大陸、アジア、 日本で事業を拡大する必要がある」と述べた。

原題:Lehman's Isaacs Says He's Seeking Acquisitions, Hires in Europe (抜粋)

--共同取材 フランクフルトVita Bekker ロンドン Damien

Editors: Connelly, Snyder

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE