コンテンツにスキップする

KDDI:3月の携帯電話純増は46万6100台-前期では276万台増加

移動体通信国内2位KDDIの携帯電話契約数 の3月純増数は46万6100台だった。3月末の契約数は2059万600台となった。 純増数と契約数は「au」と「ツーカー」の数値をブルームバーグ・ニュースが 合計した。

この結果、前期(2004年3月期)の携帯電話純増数は275万8200台となっ た。

KDDIが7日発表した3月の契約数は、「au」の契約数が前月末に比べ 47万5700台増の1695万8800台、「ツーカー」の契約数は同9600台減の363万 1800台だった。動画も送受信可能な第3世代携帯電話(3G)、auの「CDM A2000 1x」の契約数は同74万2800台増の1350万9200台、3Gへの買い替 えが進んでいるため旧来の「cdmaOne」は同26万7100台減の344万9600 台になった。

KDDI株の午前終値は、前日比2000円(0.3%)高の64万2000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE