コンテンツにスキップする

米ヤフーなど:オンライン楽曲販売でEU全域共通のライセンス取得も

インターネット検索の米ヤフーやオンライン 通販の米アマゾン・ドット・コム、音声・動画再生ソフトのリアルネットワー クスは、欧州連合(EU)全域でインターネット上で楽曲を販売できる共通ラ イセンスを取得する可能性がある。EUは著作権料徴収を手掛ける企業に対す る規則策定を検討している。

オンラインで楽曲を販売する企業は現在、EU加盟15カ国のそれぞれで、 著作権料を徴収する企業とライセンス契約を結ぶ必要がある。ブルームバー グ・ニュースが6日までに入手した規則案の原案によると、EUの行政執行機 関である欧州委員会は、こうした方法はEUの競争力を弱めるとの考えを示し ている。

原案は「最も効果的な方法は、通信をめぐるすべてのライセンスを、EU 全体で有効とすることだ」としている。EUの手続きでは、原案に基づいた法 案が提出された後、加盟国と欧州議会の承認を経て法律となる。

新規則が法制化されれば、欧州のオンライン音楽サービスが米国並みに近 づく可能性がある。米国では、パソコン大手、米アップル・コンピュータの「i Tunes(アイチューンズ)」から昨年、5000万曲が合法的にダウンロードさ れている。欧州でのiTunesのサービス開始は、アップルがEU全体での ライセンス契約を得ようとしているために遅れているという。

ヤフーなどの仕事を手掛けた法律事務所クリフォード・チャンスの弁護士、 トマス・ビンジェ氏は「著作権料徴収会社が合法的なオンライン音楽サービス の離陸を遅らせている」と述べた。

原題:Yahoo!, Amazon, RealNetworks May Get EU-Wide License for Music(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE