コンテンツにスキップする

トヨタ「カローラ」が2カ月連続首位、年度ベースでも首位奪取(3)

日本自動車販売協会連合会が6日発表した3 月の国内新車販売ランキング(軽自動車を除く)によると、トヨタ自動車の「カ ローラ」が2カ月連続でトップとなった。また2003年度累計でもカローラが2 年ぶりに首位に返り咲いた。

3月トップのカローラは、販売台数そのものは10カ月連続で前年割れとな っている。2位の日産自動車「キューブ」は、昨年9月に追加投入した3列シー ト仕様の小型ミニバン「キューブ・キュービック」の販売が好調で前年同月比 33%増だったが、カローラに約100台及ばなかった。キューブはこれで3カ月連 続の2位。3位にはトヨタの「ウィッシュ」が前月の4位から浮上した。

一方、前月3位だったホンダ「オデッセイ」は昨年10月の全面改良の効果 で前年に比べて販売台数は3.3倍となったものの7位に後退。同様に昨年12月 に全面改良したトヨタ「クラウン」も約2倍に拡大したが前月の5位から順位を ひとつ落とした。

新光証券のシニアアナリスト北山信次氏は「価格帯が違う中で(ミニバンや 高級乗用車が)ベスト10に入るのはなかなか難しい」として、コンパクトカー など量販車に比べて価格が高いオデッセイやクラウンの健闘ぶりを指摘する。

このほかの販売上位モデルは、コンパクトカーのホンダ「フィット」、日産 「マーチ」がいずれも販売台数を減らしたものの、前月からともに2つ順位をあ げた。また、富士重工業の「レガシィ」が32%の販売増となり、前月の14位か らベスト10に食い込んだ。この結果、上位10車種をメーカー別にみるとトヨタ 4台、日産、ホンダが2台ずつ、マツダ、富士重工業が各1台となった。

年度累計でも「カローラ」が首位奪取

03年度累計では、02年度に首位から転落したカローラが返り咲いた。その 一方で、ホンダとして初めて02年度に首位に立った「フィット」は前年度比

29.5%減と大幅に販売台数を減らし、3位に後退した。また2位は昨年1月に発 売されたトヨタ「ウィッシュ」が前年度30位から急浮上した。

「低いスタイリングで3列シートのモデルは、ホンダ『ストリーム』が先鞭 をつけたマーケットで、ミニバンは受け入れにくいというファミリー層を取り込 んだ」と新光証券の北山氏は、ウィッシュが急浮上した背景を分析する。なお、 年度累計の販売上位10社をメーカー別にみると、トヨタ6台、日産2台、ホン ダ、マツダが各1台となった。

      【3月の登録車販売台数】
〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「カローラ」      (トヨタ)      26133台(-9.8)
2.「キューブ」      (日産自)      26027台(+33.2)
3.「ウィッシュ」    (トヨタ)      20795台(+13.9)
4.「フィット」     (ホンダ)      20075台(-38.1)
5.「マーチ」       (日産自)      19923台(-8.9)
6.「クラウン」      (トヨタ)      16353台(+106.8)
7.「オデッセイ」    (ホンダ)      15081台(+231.2)
8.「イスト」       (トヨタ)      14614台(-13.3)
9.「デミオ」        (マツダ)      11935台(-9.3)
10.「レガシィ」    (富士重)      11084台(+31.7)


      【03年度の登録車販売台数】
〔順位、車名、社名、台数、前年度比(%)の順〕

1.「カローラ」      (トヨタ)     190867台(-16.9)
2.「ウィッシュ」    (トヨタ)     163719台(+321.8)
3.「フィット」     (ホンダ)     158285台(-39.5)
4.「キューブ」      (日産自)     151797台(+61.9)
5.「マーチ」       (日産自)     119628台(-24.6)
6.「イスト」       (トヨタ)      97723台(-30.0)
7.「デミオ」        (マツダ)      85373台(+11.0)
8.「ノア」     (トヨタ)   81230台(-15.7)
9.「アルファード」 (トヨタ)   80828台(+1.5)
10.「クラウン」      (トヨタ)      78442台(+20.2)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE