コンテンツにスキップする

中国:半導体税制めぐる対米協議への日・EUの参加を検討-新華社

中国国営新華社通信が5日伝えたところに よると、中国政府が同国の半導体メーカーを税制面で優遇しているとして米国 が世界貿易機関(WTO)に訴えている問題で、中国政府は日本と欧州連合 (EU)から出されている米中協議への参加要請を検討している。商務省報道 官の話として報じた。

この問題をめぐっては、EUが3月26日、日本も同31日にWTOに対し て第三国として米国への支持を事実上表明した。ブッシュ米政権は、中国の優 遇税制は国内の半導体メーカーに貿易面で不公正な優位を与えていると主張し ている。

新華社は中国政府がいつ決定を下すかについては言及していない。中国は 3月26日、米国との間で協議を開始することに合意。現在、その詳細を詰め ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE