コンテンツにスキップする

ソフバンク株が連日高値更新:ヤフー上場来高値-グループ6社も高値

ソフトバンクの株価が連日で上昇、一時前週末 比で6%以上も高くなり、6日連続で年初来高値を更新した。子会社ヤフーをは じめとするグループ企業が軒並み上昇するなか、収益面でのリスク低下や流動性 の高さを好感した買い注文が集まっている。

株価は一時前週末比で360円(6.7%)高の5760円まで上昇した。7日連続 の上昇でうち6日連続で年初来高値を更新している。昨年11月4日(5960円) 以来5カ月ぶりの高値になる。午前10時43分現在で330円(6.1%)高の5730 円で取引が進んでいる。売買代金は670億円と東証1部首位。

ソフトバンク株の連日上昇について市場は「ブロードバンド(高速大容量) 事業のリスクが低下するなかで、ヤフーの株価上昇や流動性の高さから買い注文 が先行している」(木村健太郎・クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券ア ナリスト)とみている。

ブロードバンド事業「ヤフーBB」については、期間損益の赤字が縮小傾向 にある。また、大量の顧客情報流出があったにもかかわらず解約数は少なく、逆 に「ヤフーBB」の強さを証明した格好になった。木村氏は、子会社ヤフーの株 価が100万円という前提でソフトバンクの株価を6000円と想定しており、ヤフー 株が現在の水準だとソフトバンク株にはさらに上値余地があると指摘している。

ヤフー株はこの日、一時前週末比8万円(5.9%)高の143万円まで上げ、上 場来高値を連続で更新している。ヤフー以外にもソフトバンク・テクノロジー、 インターネット総合研究所、モーニングスター、ベクター、サイバー・コミュニ ケーションズ、エム・ピー・テクノロジーズといったグループ企業6社が年初来 高値を更新している。

グループ企業の株価上昇は、保有株の含み益拡大を通じてソフトバンクの株 価を押し上げる効果がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE