コンテンツにスキップする

石油高騰:世界経済の成長率を約0.5%ポイント押し下げヘ-IEA

国際エネルギー機関(IEA)は、年末ま で原油価格が1バレル35ドル近辺で推移した場合、世界の経済成長率が約

0.5%ポイント押し下げられる、との暫定調査結果を発表した。

IEAの首席エコノミスト、ファティフ・ビロル氏はトルコ、イスタンブ ールで記者会見し、「価格が向こう数カ月この水準を維持した場合、世界の経 済成長に深刻なリスクをもたらす」と述べた。

石油高騰の持続は、先進国の経済成長率を約0.4%ポイント押し下げる見 通しという。アフリカの重債務国の経済成長率は最大2%ポイント、インドな どその他の途上国の成長率は1%、押し下げられる見通し。

この調査は、国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)、I EAが共同で実施した。

1日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)で、原油先物(期近5月 限)は下落。現地時間午前10時半現在、前日比19セント(0.5%)安の35ド ル57セントで推移している。

原題:IEA Says High Oil Price May Cut Growth by Half Percentage Point (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE