コンテンツにスキップする

サノフィのアベンティス買収額は低過ぎ-筆頭株主のクウェート石油

仏製薬メーカー、アベンティスの筆頭株主で あるクウェート石油公社(KPC)は31日、仏サノフィ・サンテラボによる敵対 的買収案はアベンティスを「過小評価」していると指摘し、仏政府が反対姿勢を 撤回する場合はスイスのノバルティスからの買収案を検討する考えを表明した。

石油輸出国機構(OPEC)総会出席のためウィーン入りしたKPCのアハ マド・ファハド・アル・アハマド・サバハ会長はインタビューで、「サノフィは 公正な案を提示しなかった」と述べ、「ノバルティスからは正式な提案をまだ受 けていないが、クウェートの利益に合致する場合は、どのような案でも検討す る」との考えを示した。同会長はまた、適正な価格で保有株を売却する用意があ るとも述べた。KPCはアベンディス株13.5%を保有している。

サノフィの案は現金と株式交換により、アベンティスを1株当たり55.88ユ ーロ、総額450億ユーロ(約5兆7600億円)で買収するもの。アベンティスの監 査役会は4月2日にノバルティスに対する態度を決める。ノバルティスはかねて、 フランス政府が承認しない場合は買収提案しない方針を示している。

原題:KPC Says Sanofi's Aventis Bid Too Low, Open to Offers (Update1)(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE