シンガポール株(終了):ほぼ変わらず-ネプチューン安い

シンガポール株式相場はほぼ変わらず。 シンガポール海運最大手のネプチューン・オリエント・ラインズが売られた。 米金融シティグループのスミス・バーニー部門が同銘柄の投資判断を「ホール ド(保有)」から「売り」に引き下げたことが嫌気された。

ストレーツ・タイムズ(ST)指数の終値はシンガポール時間午後5時 5分現在、前日比0.07ポイント安の1888.63。ST指数は、2月は2.2%高 と、3カ月連続の上昇となった。この日のST指数先物(3月限)は0.4% 高の1899。

ネプチューン(NOL SP)は1セント(0.5%)安の2.10シンガポール・ ドル。シティグループのスミス・バーニー部門は同銘柄の株価目標を2.50シ ンガポール・ドルから2シンガポール・ドルに引き下げた。

一方、半導体ファウンドリー(受託生産)世界4位のチャータード・セ ミコンダクター・マニュファクチャリング(CSM SP)は4セント(2.4%)高 の1.71シンガポール・ドル。27日に発表される昨年10-12月期の米国内総 生産(GDP)改定値で、米経済の好調さが確認されるとの楽観的な見方が 広がった。

原題:Singapore's Stock Index Little Changed; Neptune Paces Decline (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE