スイスのネスレ7-12月決算:80%増益、コスト削減効果で

世界最大の食品メーカー、スイスのネスレ の2003年下期(7-12月)決算は80%増益となった。同社は2000年以降、160 億ドル(約1兆7500億円)以上相当の企業買収を実施しており、コスト削減が 寄与した。

ネスレが26日発表した2003年通期決算からブルームバーグ・ニュースが算 出したところによると、昨年7-12月期の純利益は34億3000万スイス・フラン (約3000億円)と、前年同期の19億1000万スイス・フランから拡大した。

ネスレのピーター・ブラベック最高経営責任者(CEO)は工場閉鎖や雇用 削減により、2006年までに60億スイス・フラン相当の経費削減を目標としてい る。

原題:Nestle Second-Half Profit Rises 80% on Cost Cuts (Update7)(抜粋)

--共同取材 Ludwig Marek in Zurich, Guy Collins and Jeremy Naylor in London, Patrick Donahue in Frankfurt and Joost Akkermans in Amsterdam

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE