米ネクステル:反トラスト法調査で司法省が情報提供要請-関係者

米司法省は、携帯電話サービス大手の米 ネクステル・コミュニケーションズと携帯電話メーカー大手の米モトローラ、 携帯電話サービス大手のベライゾン・ワイヤレスに対し、反トラスト法(独禁 法)に基づく調査に関して情報の提供を要請した。事情に詳しい関係者が25 日、明らかにした。

調査は、携帯電話をトランシーバーのように使える「プッシュ・トゥー・ トーク」と呼ばれる携帯通話技術に関するもので、ネクステルがこの市場で優 位に立っている。

ネクステルの広報担当者、エリザベス・ブルックス氏は、同社はこの要請 に対応していると述べたが、調査の内容についてはコメントを避けた。また、 関係者によると、モトローラとベライゾンも連邦当局から民事上の調査要請を 受けている。

ベライゾン・ワイヤレスとスプリントは昨年、「プッシュ・トゥー・トー ク」携帯電話を投入、ネクステルとの競争に参入した。ネクステルはモトロー ラの携帯電話端末と技術を採用している。

原題:Nextel Asked to Turn Over Data in Antitrust Probe, People Say (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE