米連邦地裁、未成年向け宣伝なかったとのたばこ会社の主張を棄却

喫煙による健康被害をめぐり米司法省がフ ィリップ・モリス・USAやR.J.レイノルズ・タバコ・ホールディングス など米たばこ会社を相手取り訴えている裁判で、ワシントンの連邦地裁は24日、 未成年向けの宣伝は行わなかったとするたばこ会社の主張を退けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。