伊ENIなど企業連合、カシャガン油田開発で今週にも最終承認か-関

欧州の石油大手、イタリアのENIと仏 トタルなどの企業グループは、今週にも推定可採埋蔵量世界最大とされるカス ピ海のカシャガン油田(カザフスタン共和国)の開発事業について最終承認を 下す可能性がある。企業関係者やアナリストが24日、明らかにした。

ドイツ銀行のアナリストは、ENIが率いるカシャガン油田開発事業は、 今後20年間で360億ドル(約3兆9000億円)のコストがかかる可能性がある と推定している。提携企業グループには、フランスのトタルと英オランダ系の ロイヤル・ダッチ・シェル、米エクソン・モービル、米コノコフィリップス、 日本の国際石油開発が含まれる。

企業グループは、同油田の埋蔵量を北海油田の英国側より多いと推定して いる。カザフスタンは、2015年までに産油量を日量320万バレルに引き上げ、 現在の3倍にすることを目指しており、カシャガン油田はその計画の中心に据 えられている。開発事業は遅れており、生産開始は当初予定より3年後の 2008年に実現する可能性が高い。

原題:Eni, Total May Approve Multibillion Kashagan Field (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE