米GM:ライトトラック450万台をリコールも-テールゲート不具合で

自動車最大手の米ゼネラル・モーターズ (GM)は、1999年モデルから2003年モデルのライトトラック450万台のリ コール(無料の回収・交換)を強いられる可能性がある。連邦規制当局がテー ルゲートの不具合に対する調査を強化し、2003年型の「シルベラード」と 「シエラ」のピックアップトラック、および「アバランシュ」と「キャデラッ クEXT」を調査対象に加えたためだ。

米高速道路交通安全局(NHTSA)が23日、ウェブサイトで明らかに したところによると、テールゲートを支えるケーブルの不具合などの問題に関 してGMに6万1025件の保証請求が寄せられている。調査は昨年10月に始ま ったが、今回の調査対象拡大で、該当車両の数は2倍以上に増えることになる。

GMの広報担当者、ジム・シェル氏は、同社はNHTSAに協力している と述べ、不具合の原因については不明だと語った。NHTSAによると、テー ルゲートの不具合に関連して113人が負傷したことが報告されている。

原題:General Motors Faces Upgraded Probe of 4.5 Mln Trucks (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE