コンテンツにスキップする

ベルパーク株ストップ安:今期純利益45%減予想-下期3G展開に期待

ボーダフォン携帯電話専売大手ベルパーク (ジャスダック上場)の株価が急落、一時ストップ安(値幅制限いっぱいの下 落)となる前日比16%安まで下落した。今期(2004年12月期)の連結純利益 が前期比45%減になる見込みと前日に発表したことで、取引開始から売り注文 が先行している。

株価は売り気配で始まり、一時ストップ安となる前日比2万円(16%)安 の10万5000円まで急落した。昨年12月24日(10万2333円)以来ほぼ2カ月 ぶりの安値になる。午前10時55分現在で同18万円(14%)安の10万7000円 で取引が進んでいる。値下がり率はジャスダック2位。

ベルパークは19日、今期の連結純利益が3億4000万円と前期比で45%す るとの業績見通しを発表した。売上高も前期比0.3%減の140億円と実績に届か ず、減収減益になる。経常利益予想は5.3%増の6億8000万円。

来期についてベルパークは、「下期に予想されているボーダフォンによる 第3世代携帯電話(3G)の本格的な需要展開に確実な取り込み、業績の向上 に努める」とコメントしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE