宗国自工会会長:105円は経済実態から見て少し高い

日本自動車工業会の宗国旨英会長(ホンダ 会長)は19日、定例記者会見で、為替相場について、一ドル=105円は現在の経 済の実態から見て少し高いとの認識を示した。また、昨年10-12月期の実質国内 総生産(GDP)が年率7%増となったことについて、「また個人消費レベルで 強さは感じられない」との印象を語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。