コンテンツにスキップする

ドコモ:ノキア携帯端末調達、FOMA普及版との報道-会社「確認中」

20日付の日経新聞朝刊1面は取材源を明ら かにしない形で、NTTドコモが携帯電話世界最大手ノキア(フィンランド) から年内をめどに第3世代携帯電話(3G)「FOMA(フォーマ)」の普及型 携帯電話端末を調達、販売すると報道した。低価格品の投入でFOMAの加入 者増加に弾みをつけるのが狙いとしている。

ドコモの津田志郎・副社長はすでに4日の決算発表の席上、顧客拡大を目 指して機能を抑えて価格の安いFOMA「普及版」の投入検討を開始したこと を明らかにしていた。現在は3G携帯をFOMAで展開、PDC方式の2G携 帯「mova(ムーバ)」で高機能型「505シリーズ」と普及版「252シリ ーズ」などを展開している。

日経によると、FOMA普及版のノキアからの調達価格は、国内メーカー からの現行機種よりも3割以上安く出来るとみている。ドコモの筒井利一・広 報部広報担当課長は、日経報道について「事実関係を確認する」とコメントし た。津田副社長は、FOMA普及版の投入時期や供給メーカーについては示し ていなかった。

現在のFOMAやmovaはNEC、富士通、パナソニック・モバイルコ ミュニケーションズ(松下)、三菱電機、シャープ、ソニーなどが供給している。

ドコモは昨年12月19日、FOMA端末の開発資金としてメーカーへの投 資を継続すると発表している。2004年-2005年度の2年間でシャープ、NEC、 パナソニック・モバイルコミュニケーションズ、富士通、三菱電機、モトロー ラの6社に370億円を投じる。その前の2年間はモトローラを除く5社に420 億円を投資している。

ドコモ株の19日終値は、前日比1万円(4.4%)高の23万5000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE