米バイオジェンとアイルランドのエラン、新薬認可を前倒しで申請へ

米バイオテクノロジーのバイオジェン・ア イデックと提携先のアイルランドの製薬大手エランは、多発性硬化症の新薬 「Antegren」の認可を米当局に申請する意向を明らかにした。当初予定よりも 1年早く認可が下りる可能性がある。これを受け、両社の株価は大幅に上昇し た。

バイオジェンの広報担当者、エミー・ブロッケルマン氏は、2年間の調査 研究のうちの最初の1年のデータが十分な内容だったため、すべての調査結果 を待たずに米食品医薬品局(FDA)に認可を申請することになったと述べた。 SGカウエン証券は、多発性硬化症治療薬の市場は年間40億ドル(約4267億 円)以上の規模になる可能性があるとみている。

バイオジェンは、多発性硬化症治療薬「アボネックス」など主力製品の売 り上げが伸び悩んでいるため、「Antegren」に力を入れている。また、エランは バランスシートを改善するために人員を削減し、18億ドル以上の資産を売却し ており、「Antegren」は同社の業績改善に貢献するとみられている。

バイオジェンの18日の株価終値は前日比8.97ドル(20%)高の53.23ド ル。エランの株価終値は1.85ユーロ(26.8%)高の8.75ユーロ。

原題:Biogen Idec and Elan to Seek Earlier MS Drug Approval (Update4)(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE