スタトイルCEO、ロシア戦略で現地企業との関係強化でコメント

ノルウェー最大の石油会社、スタトイルの インゲ・ハンセン最高経営責任者(CEO)代行は、ロシア企業との提携の可 能性とノルスクハイドロとの交渉についてコメントした。ブルームバーグ・ニ ュースとのインタビューで述べたもの。スタトイルは北海油田の採掘量減少見 通しを踏まえ、海外プロジェクトの可能性を探っている。

ロシア企業との提携の可能性についてハンセン代行は、「ロシア向け長期戦 略を検討しているところだ。春までにはまとめるつもりだ。わが社は、ロシア のバレンツ海をノルウェー大陸棚の延長とみており、バレンツ海とカスピ海に 狙いを定めている。特にロシア企業との協力に重点を置く考えだ」と述べた。

さらに、「ガスプロムとルクオイル、さらにはロスネフトとも良好な関係に ある」と語った。

同氏はまた、ノルスクハイドロについては、「一連の交渉中止を決定した」 と述べた。ただ、具体的内容については言及しなかった。

原題:Statoil's Hansen Comments on Russian Expansion, Norsk Hydro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE