ダイハツ株が高い-スズキの軽乗用車シェア1位を奪う可能性に期待

トヨタ自動車グループのダイハツ工業が高い。 5営業日連続で上昇、一時533円と2002年6月3日以来、約1年半ぶりの高値を つけた。「タント」などの軽自動車の販売が好調で、軽自動車市場でシェア1位 をスズキから奪うのではないかとの期待が広がっている。午前の終値は6円 (1.2%)高の526円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。