日本コカとボトラー14社、システム統合などでコスト低減-初の共同計画

清涼飲料最大手の日本コカ・コーラ(東京都 渋谷区)と全国14のボトラー社は12日、2006年を最終年度とする3年間の中期 経営計画をまとめた。炭酸飲料コカ・コーラなど4ブランドを重点ブランドと位 置付け強化すると同時に、システム統合などによりグループ全体のコスト低減を 目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。