UBSなど金融機関15社、投信顧客への過剰請求で2150万ドルの罰金

UBSやレッグ・メーソン、アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)など金融機関15社は、ブローカーが投資信 託の顧客に過剰な手数料を請求したとして、2150万ドル(約22億7000万円) を支払うことで米監督当局と和解した。

米証券取引委員会(SEC)と全米証券業協会(NASD)から処分を受 けたのは、UBSとレッグ・メーソン、アメックス、ワコビア、レイモンド・ ジェームズ・ファイナンシャル、リンスコ・プライベート・レジャー、HDベ スト・ファイナンシャル・サービシズ。NASDはこのほかに8社に制裁措置 を講じた。

投信調査会社モーニングスターのマネジング・ディレクター、ドン・フィ リップス氏は「金額は大きくなくても、これらの企業にとっては、顧客を最優 先しなかったと指摘されたことになり、極めてきまりの悪いことだ」と語る。

NASDはかねて、投信ブローカーが2001年から2002年にかけて手数料 の値引き分8600万ドルを還元していなかったと推定していた。1種類の投信 にブローカー経由で5万ドル超投資した顧客は、値引きの対象となるケースが 多い。SECによると、ブローカー手数料は最大5.7%から始まり、100万ド ル超の投信を購入すれば手数料はゼロになるという。

原題:UBS, Other Firms to Pay $21.5 Mln to Settle Fund Overcharges(抜 粋)

-- 共同取材 Amy Strahan Butler 、 Judy Mathewson

kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ワシントン Otis Bilodeau (202) 624-1988 obilodeau@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: ロンドン Tim Quinson (44) (20) 7673-2116 tquinson@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE