米国株時間外:会計問題でソーナス急落、ブロケード上昇-先物堅調

株式市場時間外取引では、通信機器メー カーのソーナス・ネットワークの下げが目立つ。2003年とそれ以前の決算を修 正報告する可能性があると発表したのが嫌気され、株価は通常取引終値比で一 時1.06ドル(15%)安の5.63ドルを付けた。

ソーナスは、第4四半期(10-12月)の監査が完了していないため発表を 延期している。同社によると、少なくとも2003年の決算内容は、売上高の計 上時期に関する一部の従業員の措置を考慮すると、修正の対象になる可能性が あるとした。

指数先物は堅調。S&P500種株価指数先物(3月限)は0.40ポイント高 の1155.70ポイント。ナスダック100種先物(同)は0.50ポイント高の1513 ポイント。ナスダック100種時間外指数は0.16ポイント安の1514.02ポイン ト。

ストレージ(外部記憶装置)用スイッチ・メーカー大手のブロケード・コ ミュニケーションズ・システムズは29セント(4.3%)高の7.05ドル。第1 四半期(11-1月)決算は、1株利益が買収関連費用などを除いたベースで3 セントとなり、調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予 想平均(2セント)を上回った。

原題:Sonus Networks Falls on Accounting Issues: U.S. After-Hours(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE