UBSの10-12月期:純利益15.3億スイス・フランの見込み

資産規模で欧州の銀行最大手、スイスのUB Sが10日発表予定の第4四半期(2003年10-12月)決算は、4四半期連続の 黒字となったもようだ。株式相場の回復を背景に手数料収入が増加し、M&A (合併・買収)関連の顧問・引受業務も好調だった。

ブルームバーグ・ニュースが13人のアナリストに実施した調査によると、 10-12月期の純利益暫定値は中央値で15億3000万スイス・フラン(約1310億 円)。UBSの前年同期の純損益は、ペインウェバーの名称を外すことに伴うの れん代償却費が影響し、1億100万スイス・フランの赤字だった。

原題:UBS to Post Fourth Quarterly Profit on Investment Bank Rebound (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE