中国電力国際、IPO幹事にドイツ銀とメリル起用へ-関係者

新規株式公開(IPO)を計画している中国 電力国際は、幹事にドイツ銀行と米メリルリンチを起用する方針だ。案件にか かわる銀行関係者が4日、明らかにした。

関係者が匿名を条件に語ったところによると、中国電力国際は株式の30% を売り出して5-10億ドル(約530-1060億円)を調達する方針。手数料は最 大3500万ドルに上るとみられる。

中国政府は向こう10年間で500億ドルの資産を売却する計画で、投資銀行 各社は業務獲得にしのぎを削っている。中国電力の案件には米シティグループ とリーマン・ブラザーズ・アジア、スイスのUBSも名乗りを挙げていたとい う。

アングロ・チャイニーズ・コーポレート・ファイナンス(香港)のディレ クター、デニス・キャシディ氏は、収入になるうえに、「業界での経験を積むこ とは常にプラスだ」と指摘する。今回の実績が、2002年に5社体制に再編され た中国電力業界での新たなビジネスにつながる可能性がある。

原題:China Power to Hire Deutsche, Merrill to Manage $1 Billion IPO (抜粋)

-- Editors: Austin, Stewart, Chu, Foxwell

akinoshita2@bloomberg.net    Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: 香港 Cathy Chan (852)-2977-6629,or kchan14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

Bill Austin (813) 3201 8952 or at billaustin@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE