三井物産:ニュージーランドのクペガス田の権益4%を取得で合意

三井物産は、ニュージーランドのクペ天然ガス田の 権益4%をニュージーランド・オイル・アンド・ガスから取得することで合意した。

ニュージーランド・オイル・アンド・ガスは3日、ニュージーランド証券取引所に 提出した資料のなかで、三井物産が権益取得に920万NZドル(約6億5600万円)を支 払うことで合意したと発表した。ニュージーランド・オイル・アンド・ガスは、同ガス 田の権益15%を保持する。

クペガス田は、ニュージーランドで2番目に大規模な未開発ガス田で、埋蔵量は、 石油1600万バレル、ガス2600億立方フィートと見込まれている。

豪州のエネルギー販売会社2位、オリジン・エナジーは先週、クペガス田の権益を 最も多く保有するニュージーランド国営の電力会社、ジェネシス・パワーから同ガス田 の権益の50%取得を目指して交渉していることを明らかにした。

ジェネシスは先に、ニュージーランド最大のハントリー火力発電所に燃料を供給す るため、クペガス田での生産を2007年までに開始したい意向を表明している。同社は現 在、同ガス田の81%を所有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE